2019/03/31

Alexaさんもやって来た!

 ネットニュースを見ていたら、Amazonから手持ちのスピーカーをスマートスピーカー化できるEcho Inputが発売されたというので早速買ってみた。これで自分好みのスピーカーを使う事ができる。

 早速radikoを試す。
「あれくさ、TBSラジオをかけて」
『radikoでTBSラジオをストリーミングします』
 …あれれ、なんだ訊き返してこないじゃん。…とは言え何度か試してみると訊き返して来る事もあったのでよく分からない。
 気になるradikoの再生遅延はスマートフォンアプリ並みに大きく、ここはGoogle Homeさんの圧勝だが、Alexaさんはradikoプレミアムに対応しておりエリアフリー選局(タイムフリーは無理)ができるのでどっちもどっち。Google Homeさんは未だに未対応なんでこれは是非ともお願いしますよGoogleさん…。
 という事で、普段使いはGoogle Homeさん、遅延を我慢してもエリアフリーで地方局を聴取したい、または音楽番組を音質重視で堪能したい場合とかはAlexaさんと使い分けるとするか。

 スピーカー内蔵型のEchoシリーズではイコライザー機能があり、Alexaアプリや音声コマンドで調整できるのだが、Edho Inputでは省かれている(Alexaアプリで項目が表示されず、音声コマンドも認識しない)ので、音質は接続したスピーカーの性能次第になる。また、Echo Inputの方が騒音内での呼び掛けの認識が若干弱い感じがした。
 あとはSpotifyでの音楽再生が有料会員でないと使えず、これも無料会員でも使えるGoogle Homeさんが勝ち。…まあAmazon Music使えって事なんだろうけど。

 何はともあれ2,980円で手持ちのスピーカーを手軽にスマートスピーカー化できるのは素晴らしい。Googleさんも負けじと是非発売して欲しいものだ。

▲ スピーカーだけじゃなくイヤホンやヘッドホンを繋いでもオツかもしれない。

Echo Input

  • メーカー:Amazon
  • 発売日:2019/03/28