2017/03/12

2017/03/05

ONKYO GRANBEAT DP-CMX1

 長らく使用していた通勤の友、Androidウォークマン・NW-F805が、バッテリーが完全にヘタっていてモバイルバッテリーで給電していなくては画面点灯数分で電源が落ちてしまうという始末。どうしようもなく使い辛くなってしまった。

 ところでNW-F805を含むNW-800シリーズは、SoCは既に型落ちとなっていたNVIDIA Tegra 2でメモリも512MB、OSもAndroid 4.0と、それ以前に鳴り物入りで出したものの大コケしたSony Tablet S / Pの(既に型落ちした)パーツを流用して作ったとも見える廃スペックで、純粋なAndroidマシンとして使用するには貧弱な機種だったが、純粋にAndroid搭載の音楽プレイヤーとして見ればコストパフォーマンスはまずまずで、3.5インチ液晶というコンパクトさ、独自の高音質技術による音質の良さで愛用していた。
 私は、当時はまだ音楽ファイル専用クラウドストレージだったGoogle Play Musicを利用し、last.fmアプリでScrobbleさせ、オマケでRadikoも聴くという、完全ネットワークプレイヤーとして使っていたのであるが、もはやレガシーなAndroid 4.0の為に、いつの頃からかOSバージョン制限によってGoogle Play Musicアプリもアップデートできなくなり(更新できないだけで利用はできた)、そんなGoogle Play Musicも遂に起動すらできなくなって(ストレージの破損?)、もはやRadiko専用機となっていた。
 それにしても待てど暮らせどこのサイズの後継機が出て来ない。同種のAndroid搭載ポータブルプレイヤーや音質に拘ったスマートフォンは出ては来るけどなにしろサイズがデカい。もはや4インチ以下というコンパクトなAndroid搭載ポータブルプレイヤーは出て来ないのか。…まあAndroid…というか「last.fmアプリでScrobbleさせたい」という拘りを捨てれば良いだけなのだが。