2008/09/03

ケータイデジカメテスト - P900iV / W43H vs PowerShot A200

 という訳で、デジカメ代わりとして保管していたはいいが結局使わずに部屋で転がっていたP900iVを破棄したかったし、そろそろW43Hも機種変更したくなってきたしで、折角なのでそれら手持ちのデジタルカメラの画質を比較してみたくて近所の見晴らしの良い公園にてロケを敢行した。…いくらなんでも機種古すぎだろ(笑)!


▲ Canon PowerShot A200 (CCD)


▲ NTT DoCoMo(Panasonic) P900iV (CCD) 注:3枚目はフロントカメラ(CMOS)


▲ au(Hitachi) W43H (CMOS)

画像クリックで原寸表示
<備考>
PowerShot A200は特に撮影設定は弄らずオートで撮影。W43Hは手ブレ補正有効。3機種とも当然撮影モード・解像度は最高の設定にしてある。

 前々から判っていたが、改めてW43Hのカメラ性能に呆れ返った。と同時にPowerShot A200はいい買い物したなぁと思った。ただこいつはデジタルズームなので、ズーム撮影させると途端に酷くなってしまう。
 P900iVもCCDのお陰で非常に画質は良い。ただ、手ブレ補正機能が実装されなかったのが惜しい。実際オークション出品時に商品の撮影に使っていた事もあったが、手ブレに悩みながら何度も撮り直した記憶がある。
 ああ、携帯電話機種変更したいなぁ。

<各機種カメラスペック>

PowerShot A200
撮像素子 約200万画素
(CCD 1/3.2型 総画素数約210万画素)
感度 ISO50/100/200/400相当
(Auto時は周辺輝度に応じてISO50~150の間で自動的に設定)
記録フォーマット DCF、DPOF、Exif2.2 対応
記録画素数 1600x1200
1024x768
640x480
レンズ 5mm (35mmフィルム換算:39mm) F2.8
撮影可能範囲
(レンズ先端より)
通常:20cm~∞
マクロ時:5cm~20cm
デジタルズーム 4倍
シャッター メカニカルシャッター+電子シャッター
シャッタースピード 1~1/2000秒
1~1/6 秒はマニュアル:ストロボOFFまたはスローシンクロ時、ノイズリダクション処理あり
AF方式 3点測距 AiAF/中央1点 TTL-AF(切換可)
フォ-カスロック可能
測光方式 評価測光
(測距点に連動)
ホワイトバランス TTLオートホワイトバランス、プリセットホワイトバランス (太陽光・くもり・電球・蛍光灯・蛍光灯H)
光学ファインダー 逆ガリレオ式ファインダー (視野率:縦約80%、横約80%)
 
P900iV
サイドカメラ 有効画素数195万画素CCDカメラ
フロントカメラ 有効画素数10万画素CMOSカメラ
撮影サイズ 1600x1200
1280x960
640x480
352x288
240x266
176x144
128x96
撮影画質 スーパーファイン
ファイン
ノーマル
 
W43H
画素数 有効画素数約207万画素
撮影モード 1600x1200
1600x960
1280x960
640x480
240x400
240x320
120x160
ズーム機能 最大10倍/25段階
撮影シーン 9種類
その他機能 手ブレ軽減
オートフォーカス
PRINT Image Matching III
Exif Print(Exif2.2)

<関連サイト>
PowerShot A200 インデックスページキヤノン 株式会社
P900iV 公式サイト(サイト消滅・Internet Archiveでの検索結果
P900iV 製品サポート情報株式会社 エヌ・ティ・ティ・ドコモ
W43H 製品情報株式会社 日立製作所
W43H まとめwiki

(2008年9月9日 記事修正)
(2009年1月6日 記事修正)
(2009年7月19日 記事修正)
(2011年3月14日 記事修正)
(2011年5月4日 記事修正)
(2017年3月20日 記事修正)