2008/05/23

Weblog タイトルチェンジ

 という訳で、Weblogのタイトルを『Ke1gonoWeblog Paradise』へチェンジした。
 これまでWeblogタイトルに『Need for Speed』現行のシリーズタイトルを付けるのが慣例で、このWeblogも『Ke1gonoWeblog ProStreet』としていたが、『Need for Speed ProStreet』はほぼ未プレイである。
 体験版はプレイしたのだが、『Need for Speed Underground 2』から続いた箱庭制から一転、『Need for Speed Underground』以前のようなステージ制へと原点回帰したのはいいが、どうもまだプレイする気になれない。というかね、『Burnout Paradise』が面白すぎるんだよ!!
 『Burnout Paradise』は、今回ステージ制から箱庭制に大胆に進化し、EAを代表する2大レースゲームのシステムが完全にひっくり返った形となった。しかも超広大なマップやシームレスに繋がるオンラインモード等、これまでの箱庭制『Need for Speed』シリーズでも成し得なかったシステムがこれでもかと詰め込まれている。さすがはCriterionである。更に今後もアップデートによってマップやシステム等が追加されるという大胆な予告もされており、当面は楽しめそうである。

 まあそんな感じで当面は『Ke1gonoWeblog Paradise』で宜しく。


(C)2007 Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, the EA logo and Burnout are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved. All other trademarks are the property of their respective owners.

Need for Speed ProStreet

  • メーカー:エレクトロニック・アーツ
  • 発売日:2008/3/19
  • 対応機種:Xbox 360
 

Burnout Paradise

  • メーカー:エレクトロニック・アーツ
  • 発売日:2008/2/21
  • 対応機種:Xbox 360
 

<関連サイト>
『Need for Speed ProStreet』 日本公式サイト
『Burnout Paradise』 日本公式サイト
エレクトロニック・アーツ 株式会社
Criterion Games

(2018年11月29日 記事修正)

2008/05/17

GeForce 7950 GT 再生手術

 という訳で、GPUクーラーの壊れたXFX PV-T71A-YDF3のGPUクーラーを交換した。

 今回用意したGPUクーラーはZALMAN VF900-Cu。銅製で価格もサイズもそこそこのモノである。前の記事にも書いたが、このXFX PV-T71A-YDF3はGPUとメモリが奥側に配置されている。よって、最近のGPUが中央にある事を想定して設計されている大型のクーラーではボードとクーラーとがズレてしまい、電源コードやハードディスクに干渉してしまう恐れがあった。完璧な冷却性を求めたかったが致し方あるまい。とはいえクーラーには定評のあるZALMAN製なので性能の期待はできるだろう。
 GPUクーラーの取り付け自体は非常に簡単だったのだが、しかし、GPU周りにあるクーラー用のネジ穴の配置が正四角形となっていないので、GPUクーラーを四隅きちんと固定する事ができない。一瞬不安が過ったが、その内2つを対角線状に留める事ができ、それなりに固定されたので一安心。
 更に今回は沖電気製『まず貼る一番 ハイブリッド』をGPU裏面に貼って冷却性を更に向上させ、更に更に念には念を入れてケース内システムファンAntec SpotCoolにてグラボ自体を冷却させるというこだわりというかアホ仕様。ここまですればもはや熱暴走も大丈夫だろう。
 しかし、ここで問題が起きた。このGPUクーラーの電源は3ピンだった。Antec SpotCoolも3ピン。おいおい3ピン端子なんてそんなに無いぞ!
 とりあえずオマケ程度に自作パーツを売っている近所の電気屋に急いで行ってみるも、4ピンケーブルはあれど3ピンケーブルはあらず。とりあえず仕方ないのでPWR FAN端子を付け替えて動作確認。立ち上げ後のBIOS画面は正常。…良かった!GPU逝っていない!GPUファンもバッチリ回っている!PWR FANを抜いたが電源のファンも回っているし、今回の手術は大成功である。
 でもやっぱり明日3ピン分岐コードでも探しに出張するかな。

<関連サイト>
株式会社 Zalman Tech
Antec, Inc.,

(2011年3月13日 記事修正)