2007/01/27

『Ernis & Frickey』 引退


copyright(c) 2006 GMO Games, Inc. All Rights Reserved. (C) 2006 NETCLUE CO., Ltd. All Rights Reserved.
COPYRIGHT (C) 2006 ACTOZSOFT ALL RIGHTS RESERVED

<関連サイト>
『Ernis & Frickey』 公式サイト

2007/01/26

瑛子ちゃんは……

あれはフった……のか?
まぁいずれにしても、瑛子ちゃん頑張れ!

 という訳で、ここ数日不可解な記事が続いておりしたが、本日で一先ず完結した『家族善哉』。まともに観始めたのは高千穂瑛子ちゃん事件が盛り上がり始めた第7週から(放映は全8週)なのだが、久々に昼ドラマで「グフッグフッ…」と燃えさせて頂いた。うーんと…『温泉へ行こう』以来か(古いな)?あーあ、最初から見ておけば良かったなぁ…。ま、ご縁があれば最初から通して見たいと思います。

 そりゃあねぇ、あれだけの美少女が自分の家に居候してくるなんて興奮しないわけ無いだろうが!……まぁ現実とは得てしてつまらないものである。

 ここ数日間、おそらく新哉や上沢以上に瑛子ちゃんで悶々と妄想爆発させた日々を過ごしていたのであるが、瑛子ちゃんがコンピュータ工場へ就職するという事で、そう言えばウチの近所にコンピュータの(修理)工場があるな…って、いつから現実との区別が付かなくなる程落ちぶれたのかと我ながら愕然とした。結局見当違いでしたが(当たり前だ)。

<関連サイト>
ドラマ30『家族善哉』 公式サイト

2007/01/25

明日への期待

それからそれからどうなるどうなる??

<関連サイト>
ドラマ30『家族善哉』 公式サイト

2007/01/24

今日の叫び

こ、こ、この野郎ぉぉぉっ!!!
遂にやりやがったなぁぁぁぁぁっ!!!!

<関連サイト>
ドラマ30『家族善哉』 公式サイト

2007/01/23

今日のキモオタ

ニヤニヤ……。

<関連サイト>
ドラマ30『家族善哉』 公式サイト

2007/01/22

今日の叫び

ファァァァァッッッキュゥゥゥゥゥッ!!!!!

<関連サイト>
ドラマ30『家族善哉』 公式サイト

2007/01/19

今日の溜め息

はあぁ…。
やっぱりそっちかぁ……。

<関連サイト>
ドラマ30『家族善哉』 公式サイト

2007/01/13

『のだめカンタービレ』アニメ版

 遂に始まった『のだめカンタービレ』アニメ版。

 『ハチミツとクローバー』アニメ版スタッフが再集結という事で、大いに期待していたのだが、やはり良いですね。ただグラフィック調が『ハチミツとクローバー』と全く同じなのはどうなのかとはちょっと思った(主要スタッフが同じだからか)が、今回も2クール放映と言う事で、どこまで原作を追うのか、はたまた『ハチミツとクローバー』同様に原作完結まできちんと面倒見る(?)のか。今後に期待。

 そろそろ原作読み始めるか…。

<関連サイト>
テレビアニメ「のだめ カンタービレ」公式サイト

2007/01/12

『Tales of Eternia Online』 サービス終了

 2006年3月3日のサービス開始からようやく2年目に突入した、2007年3月31日でのサービス終了。

 某『~メモリアル Online』と同様に、ただブランドに託けて「とりあえずオンラインゲームにして見ました」的なゲームっぽくて、発表当時から胡散臭い感じはプンプンしていたのだが、わずか1年でサービス終了とは、まさに最近のバンダイナムコの不振を象徴するかのような…。
 筆者は当然プレイした事は無いのだが、今更に月額課金、しかも2Dで同じ格好のキャラクターがウジャウジャしているっていうのも時代遅れとしか言い様が無いと思うんだが。

<関連サイト>
『Tales of Eternia Online』 公式サイト
「テイルズ オブ エターニア オンライン」,3月31日でサービス終了4Gamer.net
ITmedia +D Games:「テイルズ オブ エターニア オンライン」サービス終了へITmedia +D Games
『テイルズ オブ エターニア オンライン』、3月31日でサービス終了DENGEKI Online

2007/01/02

『STREETS OF RAGE REMAKE』

 さて、今回唐突に紹介するゲームは『STREETS OF RAGE REMAKE』。
 タイトルやゲーム画面を見て「これは」と思った方は鋭い。あの『STREETS OF RAGE』(日本名『Bare Knuckle』)を有志達によってアンオフィシャルにリメイクされたモノである(いわゆる同人ソフト)。
 同作はセガからMegaDriveにて発売された、オーソドックスなベルトスクロールアクションゲームである。カプコンの『Final Fight』の亜流(『1』はテクノスジャパン系か?)と言ってしまえばそれまでだが、古代祐三氏が手がけたBGM等に魅了されプレイしていたメガドライバーも多いだろう。

 システムは基本的に『2』がベース。ステージはシーン毎に原作シリーズから厳選していて特定のステージ途中で分岐する。マルチエンディング、有志によってアレンジされたBGM、AIによる擬似2人プレイ、クリア後のオマケモードやオリジナルのビジュアルシーンも搭載して、もはやセガ公式のリメイクシリーズ『SEGA AGES』も真っ青の充実振り。アンオフィシャルとはいえ、これだけ充実したものが有志によって作られたとは、いやはやファン魂というものは凄いものだ。

 ステージ1のみプレイ可能なベータ版が2005年10月25日に公開されて以降、これと言って目立つ更新も無かったのだが、去年の12月31日に完全版が公開され、全てのモードがプレイできるようになった。
 古き良き時代のベルトスクロールアクションゲームを今一度体験してみてはいかがだろうか?ただアンオフィシャルなのでこっそりプレイしてね。

<関連サイト>
Bombergames
本家『SEGA AGES 2500』シリーズ 公式サイト株式会社 セガ

(2007年1月3日 記事修正)
(2007年1月5日 記事修正)
(2007年1月11日 記事修正)
(2007年1月18日 記事修正)
(2007年4月22日 記事修正)