2006/04/30

そう言えば

 もうすぐこのサイトも公開5周年か…。
 とか言いつつ、相変わらず内容がスカンスカンで内容が全く無い。プログラムも組めないので自作ソフトとかを公開する事もできないし。かと言って何かディープな記事を書こうにも浮気性で飽きっぽい性格の私では特にコレと言ったものも見当たらず…。そんな事ばっかり言っているんなら閉鎖すれば?なんて声も聞こえてきそうだ。…うーん、どうしようかなぁ。

 さて『別冊 ケイゴノウォッチャー』というタイトル名の元ネタは何ぞや?…という訳で、今更どうでもいい事だが、このサイト名の由来…というか元ネタは『ときめきメモリアル2』の関連書籍(ムック)で発売された『別冊 ひびきのウォッチャー』が由来なのである。ちなみに、“別冊”と付いているのは、ゲーム中で主人公がデート先の情報を仕入れる雑誌として登場するのが、“本家”(?)『ひびきのウォッチャー』だからである。また、『ときめきメモリアルGirls Side』の関連書籍として『はばたきウォッチャー』もある。要するに『ときめきメモリアル2』の世界観等を紹介している副読本であるが、『別冊 HibikinoWatcher』ではPlayStation用アペンドディスクが付属している。本作から導入され、また最大の特徴である、ゲーム内のキャラクターがプレイヤーの名前を呼びかけると言うEmotional Voice System(以下、E.V.S.)が搭載されているのだが、実際の製品版では容量の都合からか光と香澄のE.V.S.データしか作成できなかった。しかし、これらのアペンドディスクを用意する事で、残りの他の女の子達でもE.V.S.を楽しむ事ができるのである。…って、今更そんなムックを紹介しても仕方ないな。
 そんな訳で、実はサイト設立当初は『ときめきメモリアル2』の攻略記事もやろうとしたのだが、所詮攻略本のコピーみたいなものになってしまいそうでつまらないし、そんなものは既に他のサイトでも散々やっていたので没にしたのだった。とは言うものの、特にやる事もないままに、こんな状態で半ば放置し、気が付けば5年。
 5周年なので、とりあえずは記念の何かをやりたい所なのだが…果たして間に合うのか?

[Ke1gonoWatcher Underground]