2006/03/23

Nintendo Revolution(仮)ではPC-EngineやMega Driveゲームも遊べる

 年に一度開催されるゲーム開発者達の会議イベントであるGame Developers Conference(GDC)での基調講演に立った、任天堂代表取締役社長の岩田聡氏が発表した。
 これで、RevolutionはFamily Computer、Super Famicom、Nintendo 64、GameCube、そしてPC-Engine、MegaDriveをサポートした、最強のコンシューマーエミュレータマシンになりそうな予感である。
 と言っても、肝心なのは配信されるゲームの量。過去にも家庭用ではDreamcastが同様のサービスを展開していたが、エミュレーション精度の問題(例えばDreamcastではFM音源をサポートしていないので、Mega Driveのゲーム等で音色が異なったりする)や、Dreamcastコントローラによる操作性等の問題を抱え、何しろ当時はまだ家庭用ゲーム機でのオンラインプレイがマイナーだった(と言うより、Dreamcast自体がマイナーだったか?)ので、ヒットする事は無かった。パソコンでは最近こういった過去の家庭用ゲームの配信サービスを行う会社が増えているが、それでもやはりメジャーなゲームしか配信されず、私のようなヲタクなゲーマーを満足させるには至っていない。
 どうせなら、過去のROMカセットやCD-ROM2のROM吸出しツールを任天堂がRevolutionのオプションとして発売し、ユーザー各自がROMからデータを吸い出してRevolutionでプレイできるようなシステムだったら最高に面白いんだけどなぁ。

<関連サイト>
レボリューションでメガドライブ・PCエンジンも・DS用ゼルダ新作も発表Engadget Japanese
岩田氏、「レボリューション」でメガドライブやPCエンジンのタイトルを配信と発表ITmedia +D Games
ハドソン、レボリューションへのPCエンジンシリーズコンテンツ提供を発表ITmedia +D Games
セガ、レボリューションへのメガドライブ&ジェネシスコンテンツ提供を発表ITmedia +D Games
任天堂 株式会社

[Ke1gonoWeblog (Hatena)]