2005/12/11

再びヴァナ・ディールの地へ…


Copyright (C) 2002-2006 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

 という訳で、Xbox 360版『FINAL FANTASY IX』のベータテストに参加してみた。およそ2年半振りにヴァナ・ディールの地へ再び降臨である。

 今回も前回同様"Hume(ヒューム)・男"を選択し、相変わらず名前に数字が使えずに“Ke1go”と命名できなかったが、“Keigo”が使えたので、前回同様“Kelgo”でも良かったんだがとりあえず“Keigo”にした。スタート地点も同様にバストゥーク共和国に決定。

 とりあえずXbox 360版で驚くのは、その解像度の高さ。私は21インチのSONY WEGAのワイドモードでプレイしているが、はっきり言って文字が読めないくらいに字が細かい。とにかく解像度が高い。描画領域もかなり遠くまで描画されている。それなのにフレームレートの低下が少ない(混雑時の回線負荷による低下はあるが)。Windows版で同等のクオリティーを実現しようとすると、かなりの出費を必要としていた(それでもまともなフレームレートが出なかったりする)が、4万円弱のXbox 360でここまでのグラフィックのクオリティーが味わえるのは、かなりお得…というか、Xbox 360のパワーに驚く。

 さて、相変わらず広いフィールドを移動するのに疲れるが、以前プレイしていただけにクエストは競売所を活用してスムーズにクリアし、レベル上げ等の作業も順調にこなしている。
 ただ、Xbox 360版はワールドサーバーを使用している為に、日本人は少なく、外国人が多数を占めており、また、その関係でプレイヤーがいなくなる時間帯がないので、常にモンスターが取り合いとなってしまい、低レベルの狩り場ではレベル上げ作業に時間がかかる…というか、モンスターがフィールドにいない。もうちょっとモンスターの出現時間を早くするとか、出現頻度を上げてくれないと、ただでさえ経験値を稼ぐ手段がモンスター退治しかないので、やる事が無くなってしまい退屈である。

 現行では(というか、多分製品版でも)単なる他機種のベタ移植と言わざるを得ないので、やはりXbox 360版特有のウリが欲しい。単に高解像度にしただけでなく、高性能なXbox 360のスペックをを生かしたグラフィックの向上を是非希望したい。
 あと、これはゲーム自体の希望だが、全体的にモッタリとしているのを改善して欲しい。やはり、これだけMMORPGが公開されている現在、あのゆったりとした戦闘はものすごくストレスが溜まる。Xbox 360版発売によってまたこのゲームの寿命が延びる訳だが、それでもこのゲームの“古さ感”は否めない。シナリオ等の追加だけでなく、そろそろゲーム全体のシステムにもテコ入れして欲しいものだ。

 と、何だかんだ言いつつ、正式サービスインしたら多分参加しないだろうけど。

<関連サイト>
『FINAL FANTSY XI』 Xbox 360版紹介サイト
『FINAL FANTSY XI』 公式サイト
株式会社スクウェア・エニックス

(2006年02月25日 記事修正)

[Ke1gonoWeblog (Hatena)]