2005/09/30

『ゴルトモ』発表

 デジタルゴルフという会社から、新たなるオンラインゴルフゲーム『ゴルトモ』が発表された。
 これは『ゲームリクレ』というSocial Networking Site(SNS)上で提供されるゲーム(Social Networking Game)であり、基本料金は無料のアイテム課金制という『スカッとゴルフ パンヤ』等と同様の課金システムである。サービス開始は2005年11月の予定。
 特筆すべき点は、従来のネットワークゴルフゲームとは一線を画した、非リアルタイムの対戦システム。これは、あらかじめラウンドを回っておいてプレイデータを記録しておき、後に他の対戦プレイヤーと比較して勝敗を決するという、一風変わったゲームシステム。これにより、対戦相手と同じ時間にプレイする必要が無い為、時間を選ばずにいつでも相手のプレイデータを引き出してプレイする事ができ、そういったシステムの為、ゲーム中のチャットも一切不要なので、私のような無口なプレイヤーでも相手に気を使う必要が無く、スタンドアローンのゴルフゲームでコンピュータ相手に対戦しているような気軽なプレイができるのである。また、SNS上で提供されるだけあって、自分のスコア等はSNS内の日記に自動的にアップロードされる。
 デジタルゴルフは現在、実在のゴルフコースを忠実にモデリングした『バーチャルゴルフガイド』と言うゴルフシミュレーションゲームをフレッツ・スクウェア内で配信中であるが、この『ゴルトモ』でも実在のコースを使用しているという事なので、おそらくこの『ゴルトモ』でも、現在『バーチャルゴルフガイド』で配信中のゴルフコースが導入されると思われる。

 さて、そんなゲームになぜ注目したのかと言うと、実はこの2つのゴルフゲームを開発しているディープという会社が、元ティーアンドイーソフト(T&E SOFT)の開発スタッフが設立した会社だったからだ。また、今年の5月に“ティーアンドイーソフト”の商標権も継承し、同ブランドも復活しようとしている。
 私はSuper Famicom版『遥かなるオーガスタ』でゴルフゲームをやり始め、その後もゴルフゲームと言えばこの会社のモノばかりを買っていた、自称ティーアンドイーソフト信者だったのだが、元々のティーアンドイーソフトは2002年にディーワンダーランドと改名してゲーム事業から撤退してしまい凄く残念に思っていた。それがこんな形で復活するとは、これは是非やってみたいものだ。

 ただ、『ゴルトモ』のスクリーンショットを見てみると、これまでの同社製ゴルフゲーム特有のショットケージ(円形のショットケージ)ではなく、一般的なゴルフゲームのような直線形のショットケージになっていた。あのショットケージの方が好きだったのになぁ…。
 ちなみに『バーチャルゴルフガイド』の体験版をプレイしてみたが、いやはや、やっぱり血は受け継がれていると言うか、あの硬派な感じ…。やっぱりティーアンドイーソフト製ゴルフゲームは良い!
 早く家庭用に帰ってきて!それでXbox 360に参入してハイクオリティーなグラフィックのオーガスタでゴルフができれば最高なのだが…って、一人で勝手な妄想するな。

<関連サイト>
無料で遊べるソーシャルネットワークゴルフゲーム「ゴルトモ」4Gamer.net
株式会社 ディープ
ゴルファーズBB
株式会社 デジタルゴルフ
株式会社 ディーワンダーランド
『スカッとゴルフ パンヤ』 公式サイト

(2005年11月14日 記事修正)

[Ke1gonoWeblog (Hatena)]

2005/09/29

『ハチミツとクローバー』 最終話

 ……あーあ。遂に終わっちゃったよ。
 つーか、何で全24話なのよ?普通アニメって全26回じゃないのか?おかげさまで何もかもがうやむやに終わっちまったじゃないか!
 山田は?真山は?野宮は?森田は?そっちの方の話が曖昧になってしまった(アニメだけを観たらの話だが)。
 いや、全24話なのは以前から公式サイトで知っており、どこかで作者の羽海野チカ氏が「ラストが違う」とか言っていたので、私はアニメ版では竹本が自分探しの旅には行かないで、オリジナルのシナリオになるのかと勝手に思っていた。しかし、21話で竹本が自分探しの旅に出た時に、「これはマズいな」とは思った。これでは旅行ゴールと同時に終わってしまうじゃないか。んで、予想通りの結末……。

 お願いですから、アニメ版もきっちりと完結してくれ。もしくはOVAでいいから………って無理だな。凄く良い作品なだけに是非とも原作のラストまでアニメ化して欲しいものだが……実に惜しい。

<関連サイト>
『ハチミツとクローバー』 公式サイト
株式会社 フジテレビジョン
羽海野チカ 公式サイト

[Ke1gonoWeblog (Hatena)]

2005/09/27

『創聖のアクエリオン』 最終回

 今日で『創聖のアクエリオン』が終わった。
 ……期待外れ。観始めた頃は「これは面白いかな」と思ったんだけど…見事に裏切られた感じ。
 それでも最後まで観てみたのだが、それよりも、本作のウリだった“CGによるウソの無い合体機構を実現”なんて、その他でウソだらけ(特に“無限拳”とか)だったら全く意味ないし、後半ではハチャメチャな合体していたし、一体どうなってんのさ?
 CGパートはまぁまぁ良かったんだが、肝心のアニメパートがダメダメだった。特に中盤は作画が荒れまくっていたし。未だテレビ東京ではこういう酷いアニメを放映しているのか(コラコラ)。ただ、それを逆手に取った回(第19話)があったのは面白かった…って違うのか?
 オープニングを本編から編集したもの(『Go Tight!』)に差し替えたのは、初代のオープニング(『創聖のアクエリオン』)と本編とのキャラクターの作画クオリティが違い過ぎたから差し替えたのだろうか。
 シナリオも、何故か不動司令の都合良く事が進んでいくという"ご都合主義"のオンパレードってな感じで萎える。

 DVDでは作画修正されている事を願うのだが…それでも私は買わないし、もう観ないけど。


(C)2005 河森正治・サテライト/Project AQUARION

<関連サイト>
『創聖のアクエリオン』 公式サイト
株式会社 テレビ東京

[Ke1gonoWeblog (Hatena)]

2005/09/10

更新が滞っております

 最近、色々と忙しく、なんか記事を書くテンションも無くて、殆ど更新していない。
 ここのところこのサイトも非公開にしていたのだが、自分の納得の行くサイトになるまでのメドが立たないので、再び公開してみた。
 このサイトもWeblogというか、単なる似非ニュースサイトみたい(しかもリアルタイム更新でない)になっているので、なんか来訪者の方達には申し訳ないと思っていたりして、なんかこのまま続けるのもどうかと思うのだが…。

 ま、そのうち何とかします。

[Ke1gonoWeblog (Hatena)]