2005/06/30

『Ys -THE OATH IN FELGHANA-』をプレイしてみた

 遂に『Ys -THE OATH IN FELGHANA-』が発売!

 ご存知の人も多いと思うが、本作は『Ys III -Wanderers from Ys-』のリメイク版。オリジナル版からの変更・追加によるストーリーの補完もさる事ながら、『SORCERIAN』を改良しただけのようだった、はっきり言ってイマイチだったゲーム性も、本作より先に発売された『Ys VI -THE ARK OF NAPISHTIM-』のゲームエンジンを流用した事により大幅に向上しているし、BGMも、オリジナル版ともPC-Engine CD-ROM2とも違う、新緑のアレンジバージョンになっている。

 どういう訳かFamicom、SuperFamicom、PC-Engine CD-ROM2、Mega Drive版と家庭用版『Ys III』を制覇している私だけに、実際に本作をプレイしてみて、懐かしさも混じって思わず狂喜乱舞してしまった。エレナは可愛く描かれているし(結局ソレか…)。

 私にとって久々にハマりそうな国産パソコンゲームだ。
 ホント、この調子で残る2作品(『IV』、『V』)も完全版としてリメイクして頂きたいものだ。

<関連サイト>
『Ys -THE OATH IN FELGHANA-』 公式サイト
日本ファルコム 株式会社

(2005年11月9日 記事修正)

[Ke1gonoWeblog (Hatena)]