2005/05/31

『JUNKMETAL』 もサービス停止予告

 さて、先日『首都高バトルOnline』のサービス停止予告を紹介したが、今日は『JUNKMETAL』のサービス停止予告が発表された。
 『JUNKMETAL』は荒廃した世界をロボットに乗って駆け巡るMMORPG。また、『No One Lives Forever 2 : A SPY IN H.A.R.M.'S WAY』等、海外製FPS等で使用されていたゲームエンジン、『Lithtech“Jupiter”』を国内産ゲームでは初めて使用したゲームでもあった。
 私もベータテストに参加した事があるが、バージョンアップによってPKが解禁になった当日、街を出た瞬間にタコ殴りに会い、それに閉口し即引退した。

 確かに、スクウェア・エニックスは今度『FRONT MISSION ONLINE』を控えているだけに、同じようなロボットモノMMORPGを2つ並べてどうするんだろうと思っていたのだが、やはりこちらを消す事にしたようだ。


(C) 2003,2004 METRO/BrainNavi/SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

<関連サイト>
ITmedia Games:MMOロボットアクション「JUNKMETAL」、9月末で終了ITmedia Games
『JUNKMETAL』 公式サイト
『FRONT MISSION ONLINE』 公式サイト

[Ke1gonoWeblog (Hatena)]

2005/05/30

『首都高バトルOnline』 サービス停止予告

 大昔に紹介したMMORCG『首都高バトルOnline』が今年の8月いっぱいでサービス終了となる。
 とまぁ書いてみたものの、私はベータテスト時代に少しやっただけですぐに投げたので、あまり関係なかったりするんだが、ま、一応って事で。

 過去の記事でも書いたのだが、ゲーム自体があまりに単調すぎる。首都高という、かなり閉鎖された空間でひたすらバトルをするだけのゲームでは、飽きられるに決まっている。4Gamer.netでは、チートプレイヤーが云々と書かれているが、それ以前の問題だと私は思うんだが、どうだろう。


(C) 2004 GENKI CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

<関連サイト>
「首都高バトルOnline」,9月1日をもってサービスを一旦休止4Gamer.net
『首都高バトルOnline』 公式サイト

[Ke1gonoWeblog (Hatena)]

2005/05/17

Xbox 360情報続々と…

 ITmediaの情報によると「完全互換ではないものの、互換性が保たれている」と、少々曖昧な表現になっているが、これはグラフィックチップを開発したメーカーが違う、ましてやライバルなのを考えれば致し方ない事のか。しかし、XboxシリーズはWindowsと同様にDirectXのカスタム版を使用しているので、Windowsのようにほぼ問題なく動作するとも思われるのだが。また、いずれはファームウェアのバージョンアップによって対応してくれるかもしれない。

 ところで、私の予想を裏切り(?)何とスクウェア・エニックスが参入決定。気になる第1弾タイトルは『FINAL FANTASY XI』。まぁ、Xbox 1の時は、Xbox Liveの要になるMMORPGになる筈だった『True Fantasy Live Online』が開発中止になってしまい、惜しくも念願達成できずにいたので、マイクロソフトとしても遂に念願のMMORPGタイトルが投入されて嬉しい事だろう。

 そしてもはやXboxシリーズの顔と言えるほどにまでなってしまった『DEAD OR ALIVE』最新作『DEAD OR ALIVE 4』。海外のサイト等ではE3開催前に画像が出回っていたのだが、それはともかく凄い。あのクオリティのCGが動くのかと思うと、思わず武者震いしてしまった。

 とにかくとにかく、Xbox 360は凄すぎる。
 あと、個人的な希望としては、パソコンゲームのようにリージョン制限を無くして、全世界で流通しているゲームが遊べるようになっていると、Xbox 1のような日本用ソフトの供給不足に悩む事もなくなって、非常に文句無しなんだけど………それは無理か。

<関連サイト>
ITmedia Games:スクウェア・エニックスがXbox 360に参入!――第1弾は「FINAL FANTASY XI」ITmedia Games
ITmedia Games:Xbox360 特集ITmedia Games
Xbox 360 公式サイト

[Ke1gonoWeblog (Hatena)]

2005/05/16

Nitendo Revolution(仮)情報発表

 任天堂からRevolution(仮)の情報が公開された。
 本体のデザイン等は相変わらず公開されないが、とりあえず、現時点で判明している特長としては、

  • サイズは標準的なDVDケース3枚分くらいの厚さ、DVDケースよりも少し長い
  • 縦置きでも横置きでも利用可煤ECPUはIBM製コードネーム“Broadway”、グラフィックチップはATI製コードネーム“Hollywood”
  • GameCubeとの互換性有り
  • 無線LANに対応

 ま、私はRevolutionにはあまり期待していないんだが、とりあえず、現在のSony Computer Entertainmentの一人勝ち状態は何とかしてもらいたいものだ。

<関連サイト>
ITmedia Games:任天堂Revolutionは2006年に登場ITmedia Games
任天堂 株式会社

[Ke1gonoWeblog (Hatena)]

2005/05/04

今年も『SSX』の季節がやって来るぞ!

 今日、Electronic Artsがスノーボードゲーム『SSX』シリーズ最新作、『SSX on Tour』を今年秋頃に発売すると正式発表した。
 いつもながらPlayStation 2、GameCube、Xbox 1で発売する(Xbox版以外はおそらく日本でも発売するだろう)のだが、驚くべきはGameCube版。スクリーンショットを見ると、なんと、マリオやルイージ、ピーチ姫の姿が!…最近本業(?)すっぽかしてこんな事ばっかりやってるなぁ(笑)。
 いつもながらハチャメチャなトリックを決められるこのシリーズ。今作ではスノーボードだけでなく新たにスキーでも滑れるようになったようだが、今回も今までよりもハチャメチャなトリックが出せるんだろうなぁ。

 私はスノボーゲームと言えばこのシリーズしかプレイしていない根っからの『SSX』シリーズファンなのだが、一度このシリーズをプレイしてしまったら他のスノボーゲームが出来なくなるほどこのシリーズは面白いと思うので、一度もやった事無い人は是非一度触ってみて欲しい。
 …でも私、PlayStation 2持ってないし、XboxのAsia版は発売しないだろうし(『SSX』シリーズは一度もAsia版が発売された事が無い)……困ったなぁ。

<関連サイト>
IGN: SSX 4 Officialign.com
Electronic Arts Inc.

[Ke1gonoWeblog (Hatena)]

2005/05/02

バンダイとナムコが経営統合!

 ナムコとバンダイの『機動戦士ガンダム』ゲーム共同開発プロジェクト“Project PEGASUS”はこの為の布石であった……。
 …と言うのはウソで、実はこのゲームがきっかけとなって、本日電撃的に発表されたバンダイとナムコの経営統合。一部テレビやラジオのニュースでも取り上げられたので、ご存知の人も多いと思う。私も通勤途中にラジオのニュースで知って驚いた。
 新たなる新会社名は“株式会社 バンダイナムコホールディングス”。まぁ、2つの会社は子会社として存続するので、ブランドが無くなってしまう事はないんだけど。それにしてもまさかバンダイとナムコがねぇ。

<関連サイト>
ITmedia Games:ナムコとバンダイ、9月末に経営統合ITmedia Games
ITmedia Games:きっかけは「一年戦争」──ナムコ・バンダイの進化論ITmedia Games
株式会社 バンダイ
株式会社 ナムコ

[Ke1gonoWeblog (Hatena)]