2005/03/27

私のアニメへのこだわりとか

 はぁ…。
 『魔法騎士レイアース』に『姫ちゃんのリボン』…。私の大好きだったテレビアニメのDVD-BOXが2作品も発売決定かぁ。
 現在発売されているDVD-BOXでも、『赤ずきんチャチャ』や『GS美神』や『めぞん一刻』などなど。欲しいものはたくさん。
 あとは『かりあげクン』や『ゲンジ通信あげだま』や『ミラクル☆ガールズ』のDVD-BOX化を待ち望んでいるのだが…出てくれるのかなぁ。そんな事よりも、それらの購入資金を何とかしたい……(働けよ)。

 さて、私が観るのは専ら昔のアニメばかりで、最近放映しているアニメは観る気になれない。最近私がお気に入りのアイドル・中川翔子さんがテレビ東京系で放映される『アイシールド21』に出演すると知っても、申し訳ないけど(誰にだ?)やっぱり観る気にはなれない。ただ、『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』シリーズは別格だったけど。…そう言えば遂に『2nd GIG』も日本テレビで放映開始するようで。DVD持ってるけど観ます。
 本題から逸れたが、最近までアニメはさっき出た『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』以外では、新しいのも古いのも殆ど観ていなかった。
 子供の頃はアニメばかり観ていたのだが、アニメから離れたきっかけは、『新世紀エヴァンゲリオン』ブーム後のアニメバブルの影響で自分の観ていたアニメの画がどんどん破綻していき、それに愕然とした事だった。自分の当時の記憶で一番に残っているのは、深夜にテレビ東京で放映していた『Weiβ Kreuz(ヴァイスクロイツ)』で、第1話はあの大張正巳氏が作画監督でそれなりに良かったのだが、回を重ねる毎に画が荒れていき、遂に小学生でも描かないくらいのヘタクソな画になった回があり、そこで腹を立てて以来、アニメを観なくなったような気がする。
 逆に観るようになったきっかけは、私が住んでいる千葉県のローカルテレビ局である、ちばテレビでやっていて、たまたま観始めた『みなしごハッチ』(1992年:日本テレビ版)。いやぁ、初めてアニメで泣いた。あれは良かった。ちなみに、現在は同局で放映中の『めぞん一刻』(執筆時現在では第73話まで放映済み)が面白くてしょうがない。管理人さん(音無響子)と八神いぶきちゃん、どっちも良いよなぁ…と、作品を観ながらしみじみ思っているのですが。まぁ、それはともかく。

 話を戻して、最近のアニメを観る気にはなれないのは、最近の明らかに始めからそっち系の趣味の人達にウケるように“狙って作られた”キャラ設定やストーリーなんかもなんかも気に入らないし、やっぱりセル画アニメには、昨今のデジタルアニメにはない“温かさ”みたいなものがあると思うんだけど。
 でも、やっぱり過去に戻りたいという潜在的な感情が一番大きいのかなぁ。それだけ私も大人になった…って事か?

(2005年3月30日 記事修正)
(2005年3月31日 記事修正)

[Ke1gonoWeblog (Hatena)]