2004/12/30

2004年を振り返る…

 いやぁ寒い寒い。…そんな訳で(どんな訳だ?)、自分の2004年を振り返ってみる。

 今年は家の中の物が色々壊れた。まずはPlayStation 2を弟に譲ったら、1週間後に起動不能に陥ったり、家にあったテレビが3台立て続けに壊れたり、購入して3ヶ月程度しか使用していなかったハードディスクが突然壊れたり、自分の愛用していた腕時計の電池交換に失敗して壊れたり(これは自爆か)と、とにかく壊れた。いやはや、1年の内にこれだけ物が壊れたのは生まれて初めてである。何かの呪いかとも思った(大げさか)。

 話は変わり、ゲームの方。
 今年は日本のゲーム業界での大きなニュースと言えば、まずは先日発売された2大ポータブルゲーム機だろうか。まぁ、インドアな私には特に必要ないんだけどと言ってしまえばそれまでなんだが。Nintendo DSは2画面やタッチパネルを上手く使ったゲームを出せるのか疑問だし、PlayStation Portableの方は、結局PlayStation 2とかからの移植ゲームが出まくりそうな感じでなんか…ってのが私の今持っている感想かな。
 あとは、私を含めたXbox支持者達には残念な『True Fantasy Live Online』開発中止といったニュースもあったなぁ。Xbox期待のMMORPGだったんだけどねぇ。ただ、キャラクターとかを含めた全体のビジュアルが他のLEVEL 5制作ゲーム(PlayStaion 2の『DARK』シリーズとか)とテイストが殆ど同じでなんかイマイチだったよなぁ。以前からマイクロソフトからいろいろ注文を付けられてたのに嫌気がさして遂に投げたんじゃないかとか私は思ったんですけどね。ま、せいぜいLEVEL 5は『DRAGON QUEST』や『DARK』シリーズで頑張んなさいよ。
 PCゲーム界では、今年は大作FPSが一斉に発売され、FPSファンはさぞ狂喜乱舞した事だろう。私もその一人なんだけども、私はとにかく待ちに待っていた『HALF-LIFE 2』が発売された事が何よりも嬉しかった。『DOOM III』が動作は重いし、ゲーム的にもなんかイマイチで少しガッカリだったので、この完成度には感動した。少々不安だったウチのマシンでも、発売延期によるチューンナップのおかげで快適に動作してくれたし。あとは、『Far Cry』の美しい風景にも感動したよなぁ。こっちはバージョンアップしたら重くなってしまったのがちょっと痛いけど。

 まぁ、そんな感じで今年も終わる訳ですけれども、来年はどうなる事か…。来年こそは人生の確率変動(意味不明)に突入してくれる事を祈りつつ…。

[Ke1gonoWeblog (Hatena)]