2004/10/02

『NINJA GAIDEN』

 新作ではないけど、本日入手した『NINJA GAIDEN』のレビュー。
 とにかくこのゲームは疲れる。なにしろ雑魚でも容赦なく襲いかかってくるので、いちいちまともに相手にしなければいけない。ボスなんかなおさら容赦ない。おかげさまで最初のステージをクリアするのにもどれだけ苦労した事か…。そんな訳で、気軽にはできない、“プレイする前にそれなりの覚悟が必要”なゲームである。確かに、それを乗り越えた時の面白さというのはあるのだろうが、初めから敵をバッタバッタと蹴散らしていく爽快感を求めるユーザーにはちょっとそこに達するまでに時間が掛かるので、私のような飽きっぽい人には合わないかも。…って単に私がヘタなだけか?
 まぁ、このゲームに限らず、Xboxで発売するという事は、はなから日本ユーザーを相手にしていないと言っても過言ではない(日本版制作は海外版完成後だったし)と私は思っているので、そう考えれば他の国内ハードのゲームには有り得ないような、この難易度調整もいたしかたないのかと。まぁ、あの『BIO HAZARD』エンジン使い回しの『幻魔 鬼武者』に比べれば雲泥の差(ちょっと言い過ぎか)。

 それにしても…あぁ!チート使いてぇ!!

NINJA GAIDEN

  • 出版社/メーカー:テクモ
  • 発売日:2004/03/11
  • メディア:DVD-ROM
 

<関連サイト>
『NINJA GAIDEN』 紹介サイトXbox.com
テクモ 株式会社

(2004年11月5日 記事修正)
(2005年1月7日 記事修正)

[Ke1gonoWeblog (Hatena)]