2004/09/26

TGS2004

 東京ゲームショウ2004行きたいよぉ…。
 でもお金なくて行けないよぉ…。
 すごく面白そうだよぉ…。

 毎年、各メーカーのコンパニオン達の写真が海外のゲーム系サイトとかで大々的に特集されていたりするのでビックリです。

<関連サイト>
東京ゲームショウ 公式サイト
東京ゲームショウ2004 特集goo ゲーム

[Ke1gonoWeblog (Hatena)]

2004/09/25

『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』

 『新世紀エヴァンゲリオン』の放映終了後に乱発したアニメを見てゲンナリして以来、久しくアニメをまともに見ていなかった。まぁ、それ以外にもゲーム(主にPC-Engineとか)にハマったとかの要因もあったのだが。
 そんな中、久々にハマったアニメが『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX(以下、攻殻S)』である。深夜に日本テレビで放映されていた時に、以前から気になっていたので試しに観てみたところ…面白いではないか。「Production I.G、良い仕事してますねぇ(某鑑定士風)」と感心した。が、放映途中から、しかも観るのを忘れたりしたので話がチンプンカンプンになってしまい、最終回放映終了後に近所のレンタルショップに偶然置いてあったので1巻を借りて観てみる…面白いではないか!
 …という訳で、今では全巻購入してしまった。もちろん、現在進行中の『2nd GIG』も集めている。
 とにかく、時間を掛けて作っているだけによく出来てる。とにかく全体がカッコいい。音楽も良くて、思わずサントラCDを衝動買いしてしまった。
 また、主人公である草薙素子も、劇場版ではゴツい男みたいな風貌だったのだが、『攻殻S』ではそれとは全く変貌を遂げており(と言うか、劇場版のキャラデザがアレだったのか?)かなり萌える。
 結構難解なワードが出てくるので対象年齢は高めだと思うが、まぁ、そこらへんを理解してでも観る価値はあると思う。

 ただ、問題は価格。1巻に2話収録で6,300円(標準価格)。これで全巻揃えると、合計81,900円。更に第2シリーズも集めるとなると2倍の163,800円…。それに『攻殻S』関連DVD『Official Log』シリーズや『FUN DISC:INTERVAL』も合わせると、占めて186,900円!!…な、何てこった。それを考えると、何でこんなに日本のアニメDVDって高価なのかなぁとつくづく思うのであった。
 ……でも私はコンプリートするけどね。

<関連サイト>
『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』 公式サイト
株式会社プロダクション・アイジー
バンダイビジュアル株式会社

(2004年10月4日 記事修正)
(2004年11月5日 記事修正)
(2004年12月24日 記事修正)

[Ke1gonoWeblog (Hatena)]

2004/09/24

延びる発売日…

 また『DEAD OR ALIVE Ultimate』の発売日が、10月7日から28日に延びたよ…。…延びたけど助かった。今月の給料ホントにピンチだったから。

 まぁ、それはいいとしても、『HALF-LIFE 2』はいつ出るんだろう?ライバルの『DOOM III』はもうとっくに発売したぞ?去年のクリスマスに発売する予定が、ソースコード盗難事件で今年の春に伸び、なんだかんだで更にまた延びて未だ発売されず。
 せっかくコレの為にパソコンをアップグレードして待っている私としては、マジで期待しているFPSなので、時々過去に公開されたゲームムービーを見ながら発売を夢見ているのでした。

<関連サイト>
『DEAD OR ALIVE Ultimate』 紹介サイトXbox.com
『HALF-LIFE 2』 公式サイト
『DOOM 3』 公式サイト

(2004年9月25日 記事修正)

[Ke1gonoWeblog (Hatena)]

2004/09/23

Weblogスタート

 最初にこのWeblogサイトに来てくれた人は初めまして。『別冊 ケイゴノウォッチャー』からここに来てくれた人はよく来たな。Ke1goです。

 何となくWeblogを始めようと思い、Weblogサイトを借りるか、自分でWeblogCGIを置いてサイトを作るか散々悩んだ挙句、ここ、はてなダイアリーにしてみた。
 ここのキーワード機能はホントに面白い。実際、私もここ数日間、アニメ関連のキーワードでひたすら潜りまくってた。おかげでかなり寝不足気味だったりする。

 まぁ、そんな感じでまだまだテスト段階でいつまでやるか判らないけれども、本家サイト共々よろしくお願いします。

(2004年9月25日 記事修正)

[Ke1gonoWeblog (Hatena)]

2004/09/02

PC-Engineの思い出 (6) - 『真怨霊戦記』

『真怨霊戦記』
SUPER CD-ROM2 / 1995年9月22日発売 / フジコム

原作のPC-9801版

(C)1995 フジコム
(C) ソフトスタジオWING

 1988年にスタジオWINGがPC-9801で発売したホラーアドベンチャーゲーム『怨霊戦記』のリメイク版。
 原作のPC-9801版は、当時「ホントに怖い」と言わせた程の名作だったが、PC-Engine版ではキャラクターやイベントのグラフィックは取り込み画像になり迫力が増した。
 ただ、マシンの表示性能のせいで画像は荒いが、それが結果として独特の雰囲気を作り上げている。背景は3DCGで描かれ、また、怨霊が出現する際等のシーンにはモーフィングアニメーションで怨霊達の雰囲気を更に盛り上げる。
 シナリオも面白く、後半のあるイベントから舞台である宮寺(みやじ)市が、だんだん怨霊に占領されていく様子はまさに壮絶である。
 また、PC-Engineのゲームには珍しく、内蔵音源(PSG音源)が使われていないのも特徴の一つである。

 だが、本作はメッセージの誤字脱字やバグがかなり多く「ソフト自体が怨霊にとり憑かれているのか?」と思わせるくらい(笑)。これによってゲームソフトとしての完成度を大幅に下げてしまっているのが残念で仕方ないが、それを我慢してもプレイしてみる価値はあるので、PC-Engineを持っている人は是非探し出して楽しんで見て欲しい。

 なお、本作の発売後にWindowsでも同名のソフトが発売されたが、こちらはアドベンチャーゲームではなくサウンドノベルになっており、シナリオは同じだがPC-Engine版とは異なる作品になっている。

真怨霊戦記

  • 出版社/メーカー:フジコム
  • 発売日:1991/12/13
  • メディア:SUPER CD-ROM2
 

<関連サイト>
スタジオWING

2004/09/01

あのAcclaim Entertainmentが倒産!!

 あの老舗の大手ゲームパブリッシャー・Acclaim Entertainment(アメリカ)が8月30日に倒産した模様。
 近年ヒット作に恵まれず、相当な経営危機にあったようで、最近自分のゲームスタジオや子会社も次々と閉鎖、またヒット作を開発した子会社もライバル会社に買収されていた。