2004/08/27

ハードディスククラッシュ

 いやぁ参った。
 メインPC・REIKO-XPのメインハードディスクが壊れてしまった。この数年間蓄積したデータが丸ごと吹き飛ぶんじゃないかとヒヤヒヤした。

 原因ははっきり特定できないのだが、某サイトを閲覧中にウィルスに感染。駆除できなかったのでノートンさんで再度PC全体を完全スキャンを行い、ついでにSpybotやAd-Awareでスパイウェアも完全に駆除。が、この頃からPCが不安定になり、この前の『michigan』の記事を書いている際、2回もOSが落ちる現象が起きた。更にはマザーボードがハードディスクを認識せずに起動しなくなるという始末。たまに認識されて起動するが、作業中に突然認識しなくなってフリーズしてしまう。

 新品のハードディスクを購入し、なんとか必死の復旧作業(大袈裟か)を行ってデータは取り出せたが、いやぁ、悪い事しているサイトには行くもんじゃないですなぁ…。

[ケイゴノコラムス]

2004/08/05

『michigan』

 お久しぶりのKe1goです。
 さて、今回は突然、PlayStation 2の『michigan』のレビュー。

 本作のテーマは“モラル”。プレイヤーはテレビカメラマンとなり、音声スタッフとレポーターの3人で、謎の霧に包まれたシカゴの街を取材するのだが、途中、街の人々やレポーターが命の危険に晒される時がある。さぁ、果たしてあなたは撮影を止めて救出するか、はたまた死に行く様を撮り続けるか……。まぁ、そんな感じのゲーム。ゲームは常にプレイヤーが撮影しているビデオカメラの視点で繰り広げられる為、FPS(First Parson Shooting)ならぬFPA(First Parson Adventure)と言うべきか。

 企画コンセプトも面白そうだし、公式サイトでのプロモムービーを見てかなり期待していたのだが、実際にプレイしてみるとガックリしてしまった。