2004/03/31

全世界で期待されているゲームの流出されたベータ版をプレイしてみました


(C) 2004 Valve Corporation. All rights reserved.

 という訳で、『Half-Life 2』のベータ流出版をあるルートで入手しました(ってバレバレか(笑))。
 流出版は一応ベータ版とは記されているものの、約1.4GBあるファイルを解凍すると、3Dモデリングソフト『3D STUDIO MAX』用のファイル等まで入っており、実際の容量は3GBを超えた(総ファイル数 36,224!!)。また、実際にプレイしてみると、ゲームができる段階まで出来上がっておらず、とりあえずマップ内を探索できるだけのような感じの、ベータ版と言うよりはアルファ版と呼べる内容だった。また、使用できる描画APIもDirect3Dが使用できず、OpenGLのみだった(オプションでDirect3DやSoftwareを指定してもOpenGLモードに戻ってしまう。友人のパソコン(ATI RADEON 9600)でも同じだった)。
 ちなみに、『DOOM III』のベータ流出版も入手したのだが、GeForce系のグラフィックボードでは表示に問題があり(画面がグレー一色になってしまう)、ファイルに同梱されている、指定された古いドライバでしか画面表示ができないらしいのだが、残念ながらウチのGeForceFX 5700の発売前のドライバなので、ボード自体が認識されず、あえなく断念。友人のRADEONをはじめとした、その他のグラフィックボードでは動作する(らしい)のだが。
 ただ、両方ともかなりの時間を掛けて入手しただけに非常に無念である…。

<関連サイト>
「Half-Life 2」のソースコードが流出forGamer.net
forGamer.netの『Half-Life 2』関連ニュース

(2005年4月3日 記事修正)

[トップページネタ]