2004/02/29

皆さん一緒に踊りましょ!(笑)

ベンチマークソフト『春日歩の通販音頭』


(C) hirahira.net

ちなみにウチのスコアは 2605はぐ

<関連サイト>
hirahira.net

[トップページネタ]

2004/02/23

『Lineage II』引退…


Copyright (C) NCSOFT CORPORATION.All Rights Reserved.

<関連サイト>
『Lineage II』日本語版 公式サイト
関連ニュースforGamer.net

[トップページネタ]

『Seal Online』 プレイリポート

(本記事は2003年12月24日から2004年2月末日に執筆されたもので、現在のバージョンでは変更されている場合があります。)

『Seal Online』オープンベータテスト開始!

 去る2003年のクリスマスイブに、『Seal Online』のオープンベータテストが開始されたので、早速プレイしてみた。
 本作は、これまでNTTのフレッツ・スクウェア内でクローズドベータテストが行われていたのだが、この度めでたくインターネットでのオープンベータテストにランクアップしたのである。

 さて、この『Seal Online』は、右のスクリーンショットを見ても判る通り、ゲームはトゥーンレンダリング(トゥーンシェーダ等とも呼ばれている)を使用しており、キャラクターも昨今の日本人にウケそうな“萌え”要素タップリのMMORPGなのである。
 グラフィック以外にも、特筆すべきシステムの一つに、“コンボシステム”というものがある。これは戦闘中、特定のキーを押す事により、追加攻撃(コンボ)が行えるというもので、これにより、オートバトルが主だったこのテのMMORPGの戦闘が少し楽しくなっているのだ。その他にも、アイテムを獲得できる“釣り”システムや、これまでは特定の職業しかできなかった露店商売が標準装備(どの職業でも行える)だったりと、随所にMMORPGでの改善点(って言ったらおかしいか)が見られ、MMORPG初体験者にもかなり易しいMMORPGに仕上がっている(…のか?)。

 ちなみに本作は、2000年に韓国で発売されたWindows用RPG『SEAL ~運命の旅人~』(日本では2001年にメディアクエストから発売されていた)の世界観を継承しており、空中の大陸シィルツという場所のシィルツ暦330年の世界にいた主人公が、歴史の秘密を解き明かす為にタイムスリップして冒険するというストーリーである。なので、本作のメインとなるクエストにも前作の主要人物が関わってくるので、本作をプレイしてみて興味を持った人はプレイしてみてはいかがだろうか(現在は『EA BEST SELECTIONS』シリーズにて廉価版が発売中)。


▲ このようにゲーム中のモデリングも“萌え”要素タップリのグラフィック


▲ コンボが決まるとこのようなエフェクトが出る。


▲ 『Seal Online』のパソコン用壁紙より。某『RO』みたいと言ってはダメだぞ(笑)。

2004/02/11

2004/02/07

日本初、18禁MMORPGのクローズドベータテスター募集開始

『A3』


(C) 2004 Actoz Soft Co.,Ltd. All Rights Reserved.
(C) 2004 GungHo Online Entertainment,Inc. All Rights Reserved.

<関連サイト>
『A3』日本語版 公式サイト
関連ニュースforGamer.net

[トップページネタ]